協会代表理事 /  プログラム開発

マインドフルネス・​マスタートレーナー

   ​

斎 藤   亜 衣

  

慶応義塾大学卒

上級心理カウンセラー

キャリアコンサルタント(国家資格)

メンタルトレーナー

 

「カウンセリングルーム雨の庭」代表

著書

「きみの小さな空に」

読む瞑想のための詩集

 

Amazonにて販売中

(画像クリック)

人生に恋する マインドフルネス

  

マインドフルネスとは文字通り、心を満たすこと。

​「今ここ」に注意を向けることで、さまざまな「気づき」をもたらす技術です。

  

本を読んでみたけれどよくわからなかった、という声を多く聞きます。

マインドフルネスを身につけるためには、方法だけ知っても難しいからかもしれません。

  

呼吸法などのやり方を知るだけでは意味がありません。

何度かひとりで実践してみても効果が感じられず、やり方が違うのかもしれないと不安になることも多いでしょう。

 

 

心理カウンセラーならではの開発で、瞑想と心理学ワーク、マインドフルネス理論を組み合わせてつくられた独自プログラムが、当協会のマインドフルネスです。

 

呼吸法や瞑想の実践だけでなく、マインドフルネスな生き方を考える理論も学ぶことで「あなたの日常に役立つマインドフルネス」を身につけていただきたいと思っています。

  

講座はマンツーマンを基本とし、心理カウンセリングも取り入れているのが特徴です。

ひとりひとりの状況に合わせてお話をしながら、さらに学んでいくことで、マインドフルネスをあなただけのものとして実感していただくことができます。

(協会内のトレーナーによってはマンツーマンでない場合もあります)

  

  

  

私の運営するカウンセリングルームで日々感じることは、ストレスや思い込みに苦しんでいる人の多くが、自分の心の正しい扱い方に慣れていない、ということです。

​視点を変え、自分を知り、トレーニングすることで現実に直面する力をつけていくことが必要と考え、カウンセリング中にマインドフルネスを取り入れる場面があります。

  

不安やストレスを避けようとすることは誰にでもあること。しかし心は、不安なことや嫌なことだけを避けるというのは難しいです。

自分も周りもはっきり見ないようになり、すべての経験を感じたくなくなります。嫌なことを避けるために良いことまでも閉ざしてしまうからです。

それでは生きることがまるで味気なく、避けきれないものに対して、いつもびくびくしてしまいます。

  

マインドフルになることで、人生のどの側面も味わってしっかり体験できるようになります。不安も恐れもストレスも受けとめられるようになり、そうなると、それ以上に喜びや充実感を満喫できるようになります。

成功した何者かにならなくても、生きる手ごたえを感じられる人生は手に入るのです。

   

   

また、自分自身をはっきり意識できることにより集中力・記憶力が増し、モチベーションが上がり、アイデアが豊富になり、問題解決力やコミュニケーション能力の向上にも役立つことが、多くの研究で証明されています。

Google や Facebook のような大企業でもマインドフルネス研修が積極的に取り入れられているのは有名で、今やその波は世界中に広がっています。

  

  

​不穏な時代のなか、しっかり目覚めて生きるためのマインドフルネスです。

さあ、今、あなた自身の人生に恋をしてみませんか?

  

 

日本マインドフルネス・トレーニング協会®

​代表理事  斎藤亜衣

  

 

​© 2016. Japan Mindfulness Training Institute all rights reserved.​  

​ mail: aisaitou@icloud.com